安曇野 神竹灯-かみあかり-

神竹灯のものがたり

ここには九州の海人の神である「穂高見命」ホタカミノミコトという神様がいます。彼には、九州・祖母山の神である「豊玉姫」トヨタマヒメという姉がいました。「穂高見命」は自分の故郷である九州のことが時々恋しくなることもありました。

ある日のこと姉の「豊玉姫」から贈り物が届きました。
開いてみると竹筒がありました。手紙には優しい姉からのメッセージが・・・

「元気にしていますか?今年も私のふもとの竹田市では「竹楽」という里山を守るために始まった竹にあかりを灯すお祭がありました。土地の人が心を込めて続けています。山を大切にする人々の心を、あなたの住む安曇野にも伝えたいと思ったのです。今は、世の中が不安で希望が見えなくなっているわ。だから、竹のようにまっすぐに強く伸びて進んでいくようにと、遠く離れた安曇野の人々の心に届けたいと思ったの。」 「穂高見命」は少し考えるとこう言いました。 「よし!安曇野でもこの灯りをともそう!竹の光がみんなの心を明るく照らすようにしたい!だからこの灯の名を「神竹灯(かみあかり)」と名づけよう!」 こうしてこの「神竹灯」がこの地ではじまることとなったのです。

名称 第10回 安曇野神竹灯(かみあかり)
開催日 2021年12月3日(金)・4日(土)・5日(日)
点灯時間 16:00~20:00頃まで
開催場所 穂高神社
催し ● 一般参加型点灯式(ご参加の方は16:00までに点灯用のライターをご持参ください。)
※会場では点灯用ライターの販売しています。
毎年開催しておりました神楽殿でのライブ並びに飲食の提供は致しません。
お問合せ 神竹灯実行委員会事務局(安曇野市商工会穂高支所内)
0263-82-5820

新型コロナウィルス感染拡大防止に関して

※新型コロナ感染者発生状況が芳しくない場合、行政機関と相談のうえ中止とさせていただく場合がございます。

安曇野神竹灯が、すこしでも皆様のコロナ禍での不安な気持ちの癒しなれば嬉しく思います。
1~6をお守りいただけない方の入場はお断りいたしますので、ご理解ご協力をお願い申し上げます。

1 体温測定

入場の際、体温測定を実施しております。37.5度以上または咳など体調不良の方はご入場いただけません。

2 消毒・マスク

入場の際の手指の消毒、マスクの着用は必ず行ってください。

3 入場者名簿記入

受付にて簡単な名簿をご記入いただいております。

4 イベント中の飲食はお断りします

5 大声での会話はお断りします

6 密をさけてのソーシャルディスタンスの確保

7 接触確認アプリ「COCOA」

【インストールのお願い】
COVID-19の陽性登録者と接触した可能性がある場合にお知らせが入るアプリです。

Google Play版 | ios版版

以上の事を守りご鑑賞ください。鑑賞後は他の場所には立ち寄らずにご自宅にお帰りください。